テレビ テレビドラマ

人生に必要な名言集│何度も再放送されるドラマ「プロポーズ大作戦」より

2024年5月30日

人生に必要な名言│ドラマ「プロポーズ大作戦」より

10年以上前に放送されていたドラマ「プロポーズ大作戦」ですが、福岡では現在再放送が行われています。

山下智久主演のドラマでヒロインに長澤まさみ、友人役に濱田岳・平岡祐太・榮倉奈々など豪華キャストが出演していたドラマです。

私たちの人生においてとても大事な言葉がたくさん出てくるので厳選して紹介したいと思います。

子どもから大人まで今後の人生でとても役に立つ言葉になっていますので是非読んでください。

 

日曜劇場「下剋上球児」名言についてはこちらを⇩

人生に必要な名言3選!│ついに最終回鈴木亮平主演ドラマ日曜劇場「下剋上球児」

 

金曜ドラマ「トリリオンゲーム」名言についてはこちらを⇩

人生に欠かせない名言3選!│来年映画化が決定!目黒蓮主演のトリリオンゲームより

 

名言をその目で観て聞こう!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プロポーズ大作戦 DVD-BOX[7枚組] [ 山下智久 ]
価格:21,083円(税込、送料無料) (2024/5/30時点)

楽天で購入

 

 

これから「プロポーズ大作戦」で生まれた名言を紹介していきますが、正直多すぎて選ぶのにとても苦労しました。

あくまで私の考えで選んでいるので皆さんの考えているものとは違うかもしれません。

2007年放送のドラマですが現在もDVDが発売中ですので気になる方は是非!!

 

物語について

原作なしのテレビドラマ。

主人公の岩瀬健とその幼馴染の吉田礼。小学生からずっと一緒だった2人ですがドラマの始まりは礼の結婚式であり、横に座っているのは健ではなく別の男性。

横に座れていないことが辛く過去を嘆いていた健のもとに妖精が現れ過去にタイムスリップできることになった。

過去をやり直すことで今の状況を変えることができるのか。

各回で人生において大切なことを学ぶことができるドラマです。

 

キャスト(主要人物)

次にドラマのキャストについて紹介したいと思います。

10年以上前のドラマですが超がつくほどの豪華キャストになっており、全て紹介したいのですがここでは主要6名とさせていただきます。

岩瀬 健(いわせ けん) 山下智久

本作の主人公で意地っ張りな性格。

行動が消極的であったが過去へのタイムスリップによって少しずつ変化していく。

基本的に「ケン」と呼ばれているが、礼からは「ケンゾー」と呼ばれている。

これは「岩瀬健三年二組」と書かれた消しゴムを三と年の間からちぎって渡したことによる。

吉田 礼(よしだ れい) 長澤まさみ

本作のヒロインで健の幼馴染。

健と同じで意地っ張りな性格。

中学の卒業式で健に告白の手紙を渡そうとするが健と会うことができず、そのまま20歳までその手紙を持っていた。

大学生の頃に多田から告白され、大学院に通っている時にプロポーズされる。

物語のはじまりはこの2人の結婚式から。

妖精 三上博史

礼と多田の結婚式が行われている協会に住む妖精。

見た目は英国紳士風な服装の男性。

スライドに写っている写真にタイムスリップさせることができる。

多田 哲也(ただ てつや) 藤木直人

礼の結婚相手。

物語の始まりとなる結婚式で礼の隣に座っている男性。

高校の教育実習で健たちと出会う。

真面目過ぎる性格からはじめは不評であったが健の行動により一気に打ち解ける。

奥 エリ(おく えり) 榮倉奈々

礼の親友で恋愛に積極的な女性。

礼に世話を焼いている。

高身長のイケメンと付き合うことが多いがドラマの終盤では・・・

鶴見 尚(つるみ ひさし)

健の高校からの親友。

とてもお調子者でムードメーカー。

エリのことが好きすぎて猛アプローチしている。

そんな姿が健に響くこともある。

榎戸 幹雄(えのきど みきお) 平岡祐太

健の高校からの親友。

頭が良くクール。モテモテ。

映像会社に勤め、結婚式のスライドショーを担当。

健のタイムスリップに気付くなどドラマのカギを握る。

 

「プロポーズ大作戦」名言集

ドラマについて説明してきましたが、このドラマでは多くの名言が出てきます。

名言が多すぎてここには書ききれないぐらいあるのでいくつか厳選しての紹介となります。

人生において必要不可欠な言葉が多く出てくるので是非読んでください。

もし、観たいという方はDVDも買えます。

 

名言①過去を嘆く今ではなく今を変えようとする未来への意志

1つ目の言葉として「過去を嘆く今よりも今を変えようとする未来への意志」という言葉をあげたいと思います。

これは主人公の山下智久演じる岩瀬健が三上博史演じる妖精に過去をやり直させてくれたことにお礼を言うシーンで妖精が言った言葉です。

過去はいくら嘆いても戻ってくることはない。

大事なのは今であり未来であるということだと思います。

この言葉はどの世代にも言えますよね。

 

名言②明日やろうは馬鹿野郎

2つ目の言葉は「明日やろうは馬鹿野郎」という言葉です。

これは長澤まさみ演じる吉田礼に積極的になれない健に向かって演じる礼のじいちゃん太志が言った言葉です。

何事でも先延ばしにしてしまうときってありますよね?

でも今日できなかったことが明日できるのか。

何事も今やることが大事なんだと思わされます。

 

名言③失敗しても当たり前、成功したら男前

3つ目の言葉は「失敗しても当たり前、成功したら男前」という言葉です。

この言葉は健が勤めている会社の上司が健に言った言葉です。

礼がプロポーズされることがわかっている健はそれを止めに行くことを上司に伝え、向かう際に上司からこう言われます。

失敗する確率が高くてもチャレンジすることが大事。

そういう風に考えます。

やらなかった後悔よりやった後悔ですよね。

 

まとめ

申し訳ありませんが今回は3つとさせていただきました。

多すぎて悩みましたが私はこの3つの言葉が響いたので今回書かせていただきました。

他の言葉も今後記事にしていきたいと思いますのでご期待ください。

 

 

 

 

 

-テレビ, テレビドラマ