イベント お役立ち情報 スポーツ テレビ 野球 野球

パリーグプラスワン選出は武内?水谷ら期待の若手が多数|でも期待するのは森友哉!

パリーグ・プラスワン選出は誰だ!?

プロ野球オールスターの出場選手がファン投票、選手間投票、監督推薦でほとんど決定しました。

怪我等で辞退された選手の代替選手も発表され、残すはプラスワン投票での選出のみとなりました。

今年はエスコンフィールドでの開催ということもあり、日本ハムの選手が多く選出され話題を呼んでいます。

では、パリーグのプラスワン選出は一体誰なのか!予想してみたのでご覧ください。

オールスターについての別の記事はこちら⇩

 

予想は西武ライオンズ武内

筆者の予想は西武ライオンズのドラ1ルーキー・武内夏暉投手です。

ルーキーながらローテーション入りし既に5勝をマーク。

新型コロナウイルスに感染した影響で一時登録抹消されていましたが、復帰後2試合投げどちらも好投しています。

防御率も1点台と文句なしの成績なので、プラスワン投票での選出を予想します。

 

選ばれてない常連選手

パリーグにはオールスターの常連でありながら、今年の出場枠に入っていない選手がまだ多数残っています。

オリックス・森友哉、楽天・浅村栄斗らホームランダービーに出場するような選手でさえ今年は選ばれていません。

もちろん前半戦の成績が奮っていないという理由もありますが、いかに日本ハムの選手が選ばれているかがわかります。

 

ファン投票を接戦で逃した選手

ファン投票選出を接戦で逃し、現時点で選出されていない選手を探してみましたがパリーグにはいませんでした。

接戦だった遊撃手の紅林選手は監督推薦で選出されています。

今年は日本ハムの選手がファン投票で多く選出されていると書きました。

投手3ポジションとDHを含む12ポジション中9ポジションでの選出。

DH以外全ての部門で1位を独占していました。

 

7月15日まで投票受付

プラスワン投票の予想や選ばれていない選手の紹介を行ってきましたが、プラスワン投票は今日7月9日から1週間です。

ファンの皆さんの投票によって決定します。

今日からの1週間で好きな選手や贔屓チームの選手が出場できるか出来ないか決まります。

締め切りは15日。是非投票しましょう。

 

期待の若手が目白押し

前項でプラスワン投票選出選手は西武ライオンズの武内投手と予想しましたが、正直誰が選ばれてもおかしくないほどの選手がパリーグには揃っています。

特にここ1.2年でブレイクした若手が多く、接戦になることが予想されます。

ここからは若手の候補選手について紹介したいと思います。

 

交流戦MVPの水谷

1人目は日本ハムファイターズの水谷選手です。

ソフトバンクホークスから現役ドラフトで移籍した今年、一気にブレイクし交流戦MVPを獲得するなど活躍中。

1番や3番を打っている打撃が魅力の若手外野手。

開幕から活躍しているわけではないので選出は難しいかもしれませんが、今年の日本ハム人気からも可能性は充分にあると思っています。

 

期待のルーキー武内

2人目は筆者の予想にあげた西武ライオンズの武内投手です。

開幕から安定した成績を残し無傷の5連勝中。

ドラフト1位という期待にしっかりと応えています。

新型コロナによる離脱はあったものの監督推薦で選ばれても不思議でない成績だと思います。

 

剛腕投手たち

次はファン投票で選出されていてもおかしくなかった2人の投手です。

パリーグの若手剛腕投手といえばこの2人しかいないでしょうってぐらい有名で実績も抜群。

今年の成績は奮っていませんが名前は上がってきます。

佐々木朗希

1人目は千葉ロッテの佐々木朗希投手です。

人気、実績ともにトップレベルの投手ですね。

今年は離脱が多く成績は落ちてしまってますが、165キロのストレートを見たいファンは多いはず。

気になるのがメジャーを意識しすぎているのか、少し浮いた存在になりつつあるところです。

山下舜平大

2人目はオリックスバファローズの山下舜平大投手です。

佐々木朗希投手同様、160キロのストレートを誇る剛腕。

昨年のパリーグ新人王で今年は無双するほどの活躍が期待されましたが成績は落ち込んでいます。

しかし、人気は抜群。

プラスワンで選出されても不思議ではありません。

ただ、ファン投票で佐々木朗希投手より下の順位だったので難しいかもしれませんね。

 

でも期待したいパのお祭り男

ここまでプラスワン投票選手選手の予想と期待する若手について紹介してきました。

しかし、筆者が最も選手を期待するのは別の選手です。

オールスター常連と言える選手で、2年連続MVPを獲得した経験もある選手です。

もうわかりましたか?そう、あの選手です。

 

オリックス森友哉

オリックスバファローズの森友哉選手です。

オールスターと言えば森選手のフルスイング。

フルスイングの勢いで尻もちをついた映像は今もなおYouTube等のおすすめに出てくるほどです。

高校時代から超がつくほどの人気選手でファン投票選出の常連選手。

前半戦の成績も少しずつですが上向いていますし、オールスター出場を期待したいです。

 

2年連続MVP

森選手と言えばオールスターでの実績が凄まじいものがあります。

その一つがMVPなのですが、なんと2018年と2019年に2年連続で受賞する快挙を成し遂げています。

2年連続のMVPは2000年と2001年にMVPを獲得したペタジーニ依頼。

歴代で見ても10人目11回目の快挙です。清原氏が2度2年連続MVPを受賞しています。

 

オールスター通算3本塁打

森選手のオールスターの実績はMVP以外にも本塁打という点であります。

MVPを獲得した2018年と2019年に1本ずつ、2015年の初出場時に1本打っています。

2015年は2年目の19歳の時でした。

10代での本塁打は清原和博氏依頼2人目の快挙。

オールスターでの実績ではお祭り男と呼ばれる活躍です。

 

まとめ

夏を迎えプロ野球オールスターがもうすぐそこに近づいています。

出場選手がほとんど決まり、残すはプラスワン投票での選出のみとなりました。

7月9日から15日の7日間で全ての出場選手が決定します。

筆者の予想は西武ライオンズの武内夏暉投手。

ただ、選ばれてほしいのはオリックスバファローズの森友哉選手です。

まだ投票が始まったばかりですので好きな選手や贔屓チームの選手に投票しましょう。

-イベント, お役立ち情報, スポーツ, テレビ, 野球, 野球